• ホーム
  • アダラートは緩やかな降圧効果で安心

アダラートは緩やかな降圧効果で安心

血圧を測定される患者

高血圧や狭心症の患者に対しては、血圧を下げる薬が使用されます。
血圧を下げる薬にはたくさんの種類がありますが、治療のための薬として一番最初に選ばれることが多い薬がアダラートです。
アダラートが血圧を下げる薬として一番最初に選ばれることが多いのは、薬価が比較的安く、そのうえ降圧効果が高くて安全であることが理由です。
アダラートは服用による血糖や尿酸などへの影響はほとんどないため、若者から高齢者まで幅広い年齢の患者に投与することができます。
アダラートに有効成分として含有されているニフェジピンは、医薬品の分類としてはカルシウム拮抗薬に分類されています。
血圧の上昇は血管の収縮によって引き起こされますが、この血管の収縮は血管壁内の平滑筋細胞でできた層にカルシウムイオンが流入することが原因となります。
そこで、カルシウム拮抗薬を体内に投与して、カルシウムイオンの通り道にあたるカルシウムチャネルと結合させ、細胞内にカルシウムイオンが流入するのを阻みます。
カルシウムイオンの流入量が少なくなることで、血管の弛緩した状態が維持され、血圧を下げることができます。
アダラートの有効成分であるニフェジピンは、そのままでは作用が持続する時間が短く、効果を持続させるには1日に何度も服用しなければならなくなります。
ニフェジピンは降圧効果が高いので、1日に何度も服用することは、それだけ副作用に対するリスクが大きくなります。
そのため、アダラートでは製造方法を工夫して作用の持続時間を長くなるようにしています。
これによって、1日1回もしくは1日2回の服用だけで十分な降圧効果を得られるようになっています。
アダラートが持続性カルシウム拮抗薬として販売されているのはこのためです。

最近の投稿