アダラートと狭心症

電子血圧測定器

狭心症の治療薬としてアダラートが挙げられます。
商品名アダラートは服用することで降圧剤としての役割を果たすため、狭心症だけでなく高血圧の治療薬としても用いられます。
高血圧の状態を放置してしまうと、血管に大きな負担がかかり続け、全身に十分な酸素と栄養が行き渡らなくなることがあり、その結果胸の痛みなどの症状が起きます。
これを狭心症と呼んでおり、食事内容の見直しなども含め高血圧の状態をできるだけ早く改善していかなければなりません。
アダラートはカルシウム拮抗薬の一つとして利用されている薬剤です。
人間の血管にはカルシウムの受容体が備わっていまして、カルシウムが血管内に流入して作用すると血管が収縮されてしまいます。
動脈硬化などが起きている上に血管が収縮したのでは、高血圧の状態となり狭心症の発作が起きかねません。
そこでアダラートを服用するとカルシウム拮抗薬として、カルシウムを取り込む受容体の働きを打ち消すことにより血管の収縮を防ぎます。
その結果、血圧が正常値に戻り体への負担が少なくなるのです。
アダラートは冠動脈に対して働きますので、効果が出すぎると顔が赤くなったり気分が悪くなるなどの副作用が出てしまうことがあります。
そのため、服用回数が少ないタイプが開発されるようになり現在のアダラートに至るという経緯がありました。
それでも人によっては副作用が出やすかったり、急激な血圧低下によって気分が悪くなるケースもありますので、医師の指示に従って適量のアダラートを服用するようにします。
ただし、アダラートは他の降圧剤よりも副作用が少なく安全性が高いので、狭心症の治療薬として年齢を問わず多くの人に利用されている薬剤です。